強靭な一級建築士
強靭な一級建築士
ホーム > 生活 > 睡眠が足りないことによる肌への影響

睡眠が足りないことによる肌への影響

人間は睡眠が足りていると成長ホルモンが正しく分泌され、肌の張りやキメが整いやすくなります。成長ホルモンは体の機能を正しく働かせて維持していくものであり、生きていくうえで必要不可欠なホルモンなのです。

 

睡眠不足でこの成長ホルモンの分泌が弱まると、体調が悪くなったり、免疫力がおち病気になりやすくなったり細胞の結合が弱くなったりと体の不調につながります。体が上手く機能しなくなると、一番影響を受け、目に見えて変化するのはやっぱり肌なのです。

 

睡眠不足により代謝が落ちるため古い角質が残りやすくなり、その結果シワやシミ、乾燥といった肌トラブルにつながってしまうのです。また、血流が悪くなるため目の下のクマが消えにくくなり見た目も悪くなってしまい何も良いことはないです。

 

対策としては午後10時から午前2時の時間に睡眠をとることで、肌をはじめ体全体の調子が整えられると考えられています。

 

肌のためにも早寝早起きを心掛けた生活をしましょう。

 

最近利用者増殖中の低用量ピル!

日本では、普及が遅れていますが、海外では昔から当たり前に利用されています。